「ストレングスファインダー」が最強な理由

|ストレングスファインダーは「最強の本」

サイバーエージェント様でも導入実績のあるストレングスファインダー。その他企業様でも「テスト結果を共有している」企業様が多く存在しています。

共有することで、Aさんは何を強みとしているか、Bさんは何を得意としているかが明確になり、それぞれの仕事内容の生産性が上がります。他人を理解することで、生産性が上がるようになります。

例えば「指示を出す」ということで考えてみても、結論から伝えた方が良い人材なのか、イメージ出来るよう丁寧に伝えた方が良い人材なのか、組織メリットをメインに捉える人材なのか、個人メリットに価値を感じる人材なのか。相手に合わせた的確な指示であれば、相手も理解や納得度も高く、結果的に生産性が向上します。

|弱みを克服しようと思うな!

もし、あなたが「自身の弱みを克服しよう」と思っているなら、一刻でも早くその思考を捨てた方が良いかも。誰にでも、弱み(苦手な部分)の1つや2つは持っています。

あなたの会社にいる同期や先輩でさえ、必ず弱みの部分は持っています。 例えば、事務処理が苦手(弱み)、調べモノが苦手(弱み)など。 もしかすると、その同期や先輩の弱みは、あなたからすると大したことのない部分かも知れません。あなたの方が勝っているかも知れないのです。

そうした弱みを克服するのに時間を費やすのであれば、あなた自身の強みを更に高めるために時間を使うことをお勧めします。

|5個の資質を理解する

ストレングスファインダーは、いくつかのテストを実施することで、34個ある資質のうち、最も特徴的(思考や感情、行動パターン)な5個を把握することが出来ます。その5個を伸ばすだけで、間違いなく、現状よりも仕事を楽しめることができ、輝かしい日々を過ごすことが出来ます。

同書には、各資質について詳細な説明が記載されており、あなたのテスト結果と照らし合わせながら、あなた自身の強みの部分を「深く理解すること」が出来ます。

深く理解することで「優先的に何を伸ばすべきか」が把握出来ます。出来ない部分を改善するための努力は、確かに必要かも知れません。しかし、あまり時間をかけても良い結果には繋がりにくいと捉えています。

各々の強みを活かした組織だからこそ、強い組織が構築されます。

|役職者様は、利用すべき内容

同書は、特に役職(部長・課長・チームリーダー等)の方に、お勧めしたい。メンバー全員に実施してもらうことで、すぐに生産性があがり成績にも反映されることでしょう。キャリアワークスステーションでも、ストレングスファインダーを活用しています。

同書の使い方や、テスト結果の活用方法( 配属部署選定・配置転換など)は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

        ADS